無料相談・お問い合わせ
ブログを移転しました。
移転先 札幌のホームページ制作・Wordpressのハルリのブログ
Haluri Blog

既存サイトのwordpress化

2012年 3月26日  Wordpress

休みを利用して、既存サイトをwordpress化してみました。

wordpressに限らず、CMSやASPが提供するシステムは、開発者がコーディングに疎いようで、無駄なソースを生成したり、W3Cに準拠していないソースになるものばかりなので、普通のホームページは細部にこだわることができるので自分で作成し、ブログの場合はCMS(wordpress)という形にしていました。

今回wordpress化したサイトは、数箇所違うだけのランディングページなので、カスタムフィールドを使ってページを追加した方が早く、またページ関連ページや人気ページを表示しており、定期的に手作業で修正しなければならず、wordpressにすれば自動的に関連ページを表示してくれ、人気ページの順位も自動的に変動するため、管理作業を大幅に削減できるので、移行に踏み切りました。

 

wordpressに移行する際の問題点は2つ、前述のソースの問題とランディングページのURLが変更になる点です。

ソースの問題に関しては、気にしない人は気にしないのでしょうが、プロとしてどうしても気になるので、テンプレートを大幅に修正。

それと忘れてはいけないのがプラグインの導入です。

プラグインによっては、無駄なタグの生成やhead部にプラグインのCSSを読み込む記述を付加されるので、できるだけプラグインは使わず、対応しました。

以上を意識して作成した結果、W3Cに準拠して、手作業で作ったホームページとほぼ変わらない作りになりました。

 

2つ目の問題点であるランディングページのURLの変更ですが、通常ホームページを作成した場合、1ページずつ作成しますが、これを静的ページといい、URLの最後が.html(または.php)になります。

wordpressなどのCMSを使うと、データベースに保存したコンテンツを読み込み、ページのテンプレートに当てはめていくような形になり、これを動的ページといい、この記事のページのようにURLに?などの記号がつきます。

一昔前までは動的ページはSEOに不利だから、静的ページで作成した方が良いとされてきましたが、現在は検索エンジンの性能が上がり、動的ページでもそれほど問題なく上位表示できるようになってきています。

それで、URLが変更になって何が問題かと申しますと、静的ページ→動的ページに変更になるのは問題ないのですが、URLが変わってしまうと検索エンジンの評価がまた一からになってしまうということなのです。

 

そこで、元のページとURLが変わらないように設定するのですが、ここでもまた大きな問題が…。

まず、既存サイトのURLが、http://サイトURL/大カテゴリー/小カテゴリー/ファイル名.htmlとなっているのですが、パーマリンクの設定でURLの最後を.htmlにすることができ、カテゴリーとタグにそれぞれスラッグを付けてディレクトリを分ければ対応できると思い、こんな感じで設定してみました。
http://サイトURL/カテゴリー/タグ/投稿スラッグ.html

これで大丈夫だろうと安易に考えていましたが、いくらやってもページが表示されず調べてみると、どうやらパーマリンクにタグを設定すること自体できないようで断念。

いろいろと考えた結果、投稿者(author)とカテゴリーでパーマリンクを設定すればいいことに気付きました。

投稿者名と既存サイトのディレクトリ名を同じにすればいいのですが、投稿者を追加するには、いちいちメールアドレスを登録しなければならず(データベースを直接修正すれば、メールアドレスの登録がいらないかも)、できるだけ投稿者の数を少なくしたいので、大カテゴリーを投稿者、小カテゴリーをカテゴリーで対応。

http://サイトURL/投稿者/カテゴリー/投稿スラッグ.htmlに設定して、無事解決。

 

と思いきや、今度はディレクトリのトップページはURLの最後のスラッシュが抜けてしまうということがわかり、調べてみるとプラグインで解決できるというので、そのプラグインを導入して、これも解決しました。

さらに、http://サイトURL/投稿者/のページのレイアウトをいじりたくなったので、テーマにそれぞれのauthor-○○○.phpを追加してカスタマイズ。

大カテゴリーの記事一覧の並び順もカスタムフィールドの値を取得して、並び替えて表示するように修正しまして、全ての作業が完了しました。

 

 

元々のサイトからデザインをそのまま使い、データもコピペで入力できるので、一から作成するのと比べて、かなり作業量は減らせましたが、細かいカスタムに少々手こずり、2日間の休みがこの作業で潰れてしまいました(笑)

でも、いろいろいじってみると、今までホームページをCMSで作成するのは邪道だと思ってましたが、ホームページにいろいろな機能を簡単に持たせることができるので、かなり便利なことに気付きました。

ただ、細心の注意を払ってカスタマイズしないと、無駄なソースと間違いだらけのソースになりますので、くれぐれもカスタマイズにはご注意を。

 

いずれご希望のお客様には、wordpressでホームページを作成するサービスをホームページ作成のハルリでも始めようかなと思いました。



Facebookページにご参加ください

ホームページの作成やSEO対策、Wordpress、WEBマーケティングなど、様々なタメになる情報を配信しています。Facebookページへの参加は下の『いいね!』ボタンをクリックしてください。

関連記事

人気記事

コメント

お名前

コメント本文


pagetop