無料相談・お問い合わせ
ブログを移転しました。
移転先 札幌のホームページ制作・Wordpressのハルリのブログ
Haluri Blog

ホームページ作成方法~XHTML1.0で作る場合はXML宣言をしましょう

2012年 4月8日  ホームページ制作

最近wordpressについての記事ばかりだったので、ホームページの作成についての記事を書きたいと思います。

ホームページの作成といっても、現在HTML4、5、XHTML(1.0)と3種類あり、それぞれ若干記述方法が違うのですが、プロ・アマ問わず混同している方が非常に多いです。

いろいろなホームページを見ていると、たくさんの間違いを見かけますが、特に多いのがXML宣言が抜けているケースです。

現在、XHTMLで作られているホームページが多く、本来XHTML1.0で作成する場合、ソースの1行目でXML宣言をしなければならないのですが、これが抜けているサイトが非常に多いです。

実際のソースはこのような感じです。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xml:lang="ja" lang="ja" xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">

※DreamWeaverで新規作成する場合、XML宣言が抜けているので、XML宣言を追加してああげなければなりません。

これが抜けてしまってもブラウザは表示してくれますが、間違いなので忘れずに記述するようにしましょう。

XML宣言を追加すると、このような形になります。

<?xml version="1.0" encoding="文字コード"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xml:lang="ja" lang="ja" xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">

これが正しいXHTML1.0のソースになりますので、XML宣言が抜けてしまっている方は、コピペして、使っている文字コードを入力して使ってください。

 

ホームページ作成のハルリではW3Cに準拠した最高品質のコーディングでホームページを制作しております。

格安で高品質なホームページ作成のご依頼はぜひ当サービスをご検討ください。



ホームページ作成・Wordpressのハルリ|札幌facebookページ

フォローして最新情報をチェックする

関連記事

人気記事

コメント

お名前

コメント本文


pagetop